勉強会「外国ルーツの子どもに寄り添う支援のあり方〜多文化共生、多様性豊かな教育環境づくりと日本語教育〜」

2021年02月10日

2021年2月10日と20日、ZOOMで勉強会を行いました。今回は外国出身の仲間に自らの体験や、外国ルーツの人に関わる人たちへのメッセージを聞き、それからグループに分かれて「外国ルーツの子どもに関わる人に必要な力とは?」について話し合いました。

2月10日に話をしてくれたのは、賀さんとナンシさんで、20日は彰賢さんです。それぞれ、外国からきて、日本の学校で勉強したときのことや、現在子どもを育てる中で感じていることなどお話ししてもらいました。実体験から生まれた言葉たちは、強い力がありました。彼らの話を聞き、自分たちの活動を振り返ることの大切さを改めて感じました。

そして、参加してくださった皆さんと、これから必要な力とは何かについて活発に意見交換をしました。今回で今年度最後の活動になります。この1年間の勉強会・講演会を通して、全国に大切なつながりを作ることができました。参加してくださった皆さん、ありがとうございました。